2017年12月11日更新

キャリア18年の編集者が房総のベテラン漁師に弟子入りすっぺ!【前編】ー人間の"狩人"としてのDNAを呼び覚ます仕事ー

漁師のキャリア40年。拓永丸・船長の中村享さんは仕事についてこう語る。

「想定外のことが起きたときに、どう乗り切るか、かわせっか? が漁師の資質だね。海の上では絶えず変化が起こるわけだから。

でも、海に勝つなんてのはありえない話でね。その意味では自分の能力の限界を知ることも大事なんですよ。判断ひとつ違えば、命に関わることだから。それがこの年まで漁師をやってきた上での結論だね」


中村さんは大原漁港で仕事をしてきたベテラン漁師だ。大原は千葉県いすみ市にある。「外房」と呼ばれる地域である。拓永丸はイセエビ漁(夏から秋)やタコ壺漁(冬から春)などを行うほか、オフシーズンや禁漁期には釣り船も運営している。

10月末のある日。編集者生活18年の私は中村さんに弟子入りした。

「仕事の海」に溺れたくはない。よって「海の仕事」に入門することにした


&qu...

記事の続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

連載もの: 2017年12月11日更新

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加
このページを気に入ったらいいね!しよう
はたらく私のコンパス《170種類の職業体験》 

あわせて読みたい

【仕事旅行社の転職サポート】
まずは職場を体験。じっくり"天職"見つけたいなら「おためし転職」へ

<19年秋冬の新ゼミ生>募集中!2019年10月~12月入会の方が対象になります!

仕事旅行ゼミ

Follow Me!


PAGE TOP