2017年09月29日更新

建築家・山嵜一也のコラム連載「イギリス人の割り切った働き方」vol.4ー海外就活の中で見えたイギリス人のやさしさー

仕事ありませんか? 電話就活で鍛えたイギリス人とのコミュニケーション


電話の受話器をずっと当てていると耳がヒリヒリするのをご存知だろうか。ロンドンのフラットシェアしていた友人の地上電話を拝借し、朝から晩まで電話をかけていたら耳がヒリヒリしていた。

私は現地の建築事務所にコンタクトをし、『仕事ありませんか』と電話口で何度も繰り返していた。電話料金の請求書が友人に届いたときは驚いた。ずらっと並ぶ電話番号の通信記録。私はちょっと拝借気分だったが、チリが積もればなんとやらで、もちろん支払った。

天気の悪いロンドンには珍しく天気が良かった日だったのだろう。朝から始めた電話での就職活動も気付くと夕方で部屋の中がオレンジ色に染まっていた。私は何もないイギリスに単身乗り込み、就職活動を始めた。不安でしょうがなかったが、この時期に多くのイギリス人に触れたことが、その後の私の行動...

記事の続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

連載もの: 2017年09月29日更新

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加
このページを気に入ったらいいね!しよう
はたらく私のコンパス《170種類の職業体験》 

あわせて読みたい

【仕事旅行社の転職サポート】
まずは職場を体験。じっくり"天職"見つけたいなら「おためし転職」へ
引っ越しのジョーシキを覆す革命児求む!ポジションは「社長の右腕」
別れの悲しみを和らげ、美しく、その人らしく故人を送る「納棺師」になりませんか【短期研修から】

Follow Me!


PAGE TOP