2017年03月31日更新

占い師・大悟さんの仕事観。着たい服と似合う服は違うー田中翼の「あの人の仕事場に行ってみた日記」vol.6ー

「占い」はなぜ人の心を惹きつけるのだろう? いつの時代も。

いまから4000年以上前、すでに「占い」は存在していたという説もある。これだけ科学が進歩した21世紀になっても、それが世界中で行われているのは不思議と言えば不思議だ。

世間には占いに関する情報は多い。様々な「占い」の方法があり、「人気占い師」とされる人々もたくさんいる。

一方で、人類最古の仕事のひとつとも言えそうな占い師を、"職業"という目線でとらえた記事はそれほど多くないのでは? それもなんだか不思議な話だ。 

占い師たちはどんな人生経験をへて、この仕事にたどり就いたんだろう? どんなモチベーションで"他人の未来"を読み続けているのか? 前から気になっていた。

そこで今回は、ずいぶん前から仕事旅行のホストもしてくださっている手相鑑定士の大悟さんの話を聞くことにした。"彼"が手相鑑定を始めるにいたる...

記事の続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

連載もの: 2017年03月31日更新

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加
このページを気に入ったらいいね!しよう
はたらく私のコンパス《170種類の職業体験》 

あわせて読みたい

【仕事旅行社の転職サポート】
まずは職場を体験。じっくり"天職"見つけたいなら「おためし転職」へ

<19年秋冬の新ゼミ生>募集中!2019年10月~12月入会の方が対象になります!

仕事旅行ゼミ

Follow Me!


PAGE TOP