2016年11月14日更新

猫を飼うことでわかった、居心地よい職場の見つけ方

こんにちは。仕事旅行社の内田です。私ごとですが、先月から猫を飼い始めました。

今まで猫を飼った経験が無かった僕が、一匹の飼い猫を決めるにいたるまでの道のりは、自分にあった会社を決める道のりに通じるものがあったためご紹介しようと思いました。

ご存知のように猫は癒されます。SNSのタイムラインや、ニュースサイトの猫記事を毎日のように眺めながら、猫への思いを募らせていった僕は、次第に「猫を飼うこと」へ興味を持つようになりました。

ただ、猫の知識と言えば「ツンデレ」「散歩はいらない」程度しか持ち合わせていなかったため、この時点では「飼うなら黒猫がカッコイイなぁ」といった表面的な憧れや「部屋に匂いがこもるのは嫌だなぁ」といった漠然とした不安が交錯していました。

何かを始める前の人の心理とはそんなものでしょう。



次にちょっと行動に移してみることにしました。詳しい人に話だけでも聞けたらと思い、仕事旅行に参加するような軽いノリで「保護猫カフェ ネコリパブリック」(以下ネコリパ)を訪問してみたのです。ネコリパの店内に居るのは全て里親募集中のネコ。

そこで「里親希望」であること「猫を飼った経験がないこと」を正直にスタッフの方に伝えたところ、里親になる前に、ボランティアスタッフとして店内デビューする前の保護猫を預かり、猫の生態を勉強することを提案されました。

その提案を快諾した僕は、3匹の猫をそれぞれ1ヶ月ほど預かり、その結果、最後に預かった3匹目の猫の里親となることになりました。

1匹目の猫は理想と現実を教えてくれた



1匹目は生後8ヶ月の子猫「グレー」。
グレーは猫エイズと猫白血病の病を持つ苦労猫です。子猫はスヤスヤと眠っているイメージを持っていましたが、実際は正反対。好奇心が旺盛で、休む暇もなく部屋中を駆け廻っていました。クタクタにならない限りは寝ないので、深夜まで猫じゃらしで遊んだことを覚えています。

また、とても寂しがりやなところがあり、僕の姿が見えないと「ニャー(どこー?)」と鳴きはじめるので、出勤や買い物で出かけるときには、心苦しい気持ちになったのを覚えています。結果的にグレーは、お出かけの少ない老夫婦の元で飼われることになりました。

2匹目の猫は自分の好みを教えてくれた



2匹目は顔が渋い「鈴之助」
鈴之助は4歳のため、グレーのように部屋を走り回ることはありません。写真のようにすでに大人というか、おっさんの貫禄さえ漂わせています。しかし顔に似合わずとても人が好きな猫で、仕事から帰ってくるとニャアニャアと出迎えてくれ、寝るときには、顔の横や胸の上に密着されてました。

一方で困ったのは「夜泣き」。夜の2時と朝の5時に、鳴きながら何かを訴えてくるのですが、餌や水をあげても、トイレを掃除しても、ブラッシングしても、鳴き止んでくれませんでした。そのときに初めて「音の有無」が自分と猫の付き合いにとって大切なポイントであることを知りました。

鈴之助は「犬とも仲良しになれる」という特技を持ち合わせており、結果的に犬を飼われている夫妻の元で、その犬の相棒として暮らすことになりました。

3匹目の猫は心地よさを教えてくれた



3匹目は「ヒジキ」です。
ヒジキのお気に入りの場所はベットの下。前の2匹と違って、ニャアニャアと出迎えてくれる訳でもなければ、ゴロゴロと甘えてくれる訳でもありません。それでいて、私が机で作業しているときなど、私の横にきて寄り添ってくれるのが心地良いことに気づきました。

鈴之助同様に「夜泣き」もするのですが、なぜかヒジキの出す音は気にならないことが決めてとなり「ヒジキ」と暮らすことに決めました。

もちろん、人によってはヒジキのようにわかりやすく甘えてこない猫は「ちょっと…」と思われるかもしれません。グレーのような元気猫や、鈴之助のようなフレンドリー猫と一緒にいると安らぐという方もいるでしょう。

「おためし」で自分の大切にしたいことが分かる


猫の知識が無かった僕は、預かりボランティアという「おためし期間」を体験したことで、以下のように、自分の好みや、大切にしたいことが明確になり、その結果、自分と相性のいい猫を見つけることができました。

・子猫は可愛いけど、自分の生活スタイルには大人猫が適している。
・自分にとっては「匂い」よりも「音」がストレスになる。
・病気であることや、毛柄は気にしない。

いずれのポイントもやってみないとわからないことばかりです。

思うのですが、仕事を選ぶときや就職活動にも似た点があって、自分で大切にしたいことを明確にできないまま、分かっている情報や思い込みだけで会社を選んでしまった方も多いかもしれません。その結果、入社してしてみると「想像していた仕事や環境と違った…」という後悔に繋がったケースも見受けられます。

「カッコ良さそうなオフィスだな!」と思って入社してみたら、実は人間関係のストレスがすさまじくて…といった例ですね。

しかし現実問題として多くの場合、会社というものは「働いてみてから入る」ということができません(多くの場合、猫を飼うのもそうですが)。会社によってはテスト採用期間を設けているところもあるとはいえ、採用が前提になってしまった段階で、フラットな目線で見極めにくいというケースもあるでしょう。

そんな思いから、仕事旅行社が開始したのが「おとなのインターン」です。

通常の仕事旅行でも、参加者の方とホストが互いにピンとくるものを感じて就職にいたる、そんな例を何度も目にしてきました。「おとなのインターン」は現地に行って「やってみる」職業体験ツアーをこれまで数百件プロデュースしてきた、仕事旅行社ならではの「転職・求人サポート」サービスです。

転職を検討されている方、その準備を始めたいが何から始めて良いのかよくわからないという方。興味のある企業がありましたら、ぜひ「おためし期間」を通して自分にフィットする居心地の良い働き場所を見つけてください。

記事:内田靖之(仕事旅行社)
読みもの&流行りもの: 2016年11月14日更新

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加
このページを気に入ったらいいね!しよう
はたらく私のコンパス《170種類の職業体験》 

あわせて読みたい

【仕事旅行社の転職サポート】
まずは職場を体験。じっくり"天職"見つけたいなら「おためし転職」へ

<19年夏の新ゼミ生>募集中!2019年7月~9月入会の方が対象になります!

仕事旅行ゼミ

Follow Me!


PAGE TOP