2016年05月09日更新

求ム!映画監督! 「太陽の塔」の長編ドキュメンタリーを作るプロジェクトが演出家を公募

太陽の塔と言えば、大阪万博(1970年)のシンボル。岡本太郎の代表作として知られるあの巨大な塔ですね。

その大きさ(約70m)が放つ圧倒的な存在感もさることながら、3つの顔と躍動的なシェイプ、内部や地下に仕掛けられた謎めいたインスタレーションなど、いまなお多くの人々の心を捉えてやまない日本の“パワースポット”のひとつでもあります。

そんな太陽の塔をテーマにした長編ドキュメンタリーが、制作されることになったそうです(2018年公開予定)。

しかもこの映画では監督を公募によって選出するといいます。

ほとんどの場合、映画の制作というものは作品の要である監督職が決まらないと始まらないのですが、その人がいない状態から出発しようというチャレンジは、“混沌”に情熱やエネルギーのありかを求めた岡本太郎の創作姿勢にも通じるところがありそうです。

「太陽の塔」を心から愛...

記事の続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

読みもの&流行りもの: 2016年05月09日更新

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加
このページを気に入ったらいいね!しよう
はたらく私のコンパス《170種類の職業体験》 

あわせて読みたい

【仕事旅行社の転職サポート】
まずは職場を体験。じっくり"天職"見つけたいなら「おためし転職」へ

<19年秋冬の新ゼミ生>募集中!2019年10月~12月入会の方が対象になります!

仕事旅行ゼミ

Follow Me!


PAGE TOP