2016年03月30日更新

社内恋愛、きっかけは残業後にあり? 働く20代女性の社内恋愛事情が明らかに

イケメン研究所(運営:株式会社サイバード)は、「世の中の男性すべてをイケメンにする」ことを目的とした情報発信メディア。

新しい出会いが多くなる春。同研究所が働く20代女性1,342名を対象に、社内恋愛に関する調査を実施しました。今ドキの社内恋愛事情を、調査結果のリリースよりご紹介します。

職場恋愛がさかんなのはこの仕事!


今回の調査によれば、社内恋愛に対して前向きな姿勢の女性は7割以上。職業別に見ると、特にその傾向が高い業種、社内恋愛を望まない業種が明らかになっています。

社内恋愛意向が高い業種
1位 メーカー系(82.2%)
2位 金融系 (79.9%)
3位 アパレル系(78.2%)
※「同じ職場で恋愛対象となる相手の年齢」に関する質問に、いずれかの年齢または“年齢は問わない”と回答した人の合計割合が高い上位。

社内恋愛意向が低い業種
1位 美容系 (27.3%)
2位 公務員 (23.4%)
3位 IT系 (22.7%)
※「職場の男性は恋愛対象にならない」と回答した人の合計割合が高い上位。

「メーカー系」、「金融系」、「アパレル系」の男性にとっては、身近にあるチャンスを見直したくなりそうな結果となりました。一方、社内恋愛意向が低い「美容系」については想像もつくように、職場の「女性比率が高く、社内恋愛がなにかと難しい状況が反映されていると推測される」とのこと。

“生活安定”の代名詞と言えそうな「公務員」、“時代の花形”イメージが強い「IT系」も、同じ職場の女性からは恋愛の対象に見られにくいという結果が出ています。

ちなみに恋愛対象となる相手の年齢については、「自分より10歳程度上まで」との回答が多数を占めました。気になるのは「35歳まで」を境に「恋愛対象になる」と回答した人が激減している点。巷では「35歳転職限界説」なるものがささやかれているようですが、男性にとっては節目の年齢なのかもしれません。



こんな瞬間、実はときめいてます?



「同じ職場の男性に好意を抱くポイント」を聞く質問では、「性格が良い」が6割を超えています。続いて「仕事ができる」(46.2%)、「気づかいができる」(43.0%)が上位にあがり、「服装がオシャレ」(8.5%)、「お金持ち」(5.2%)などは低い得票率にとどまっています。

「仕事で失敗した時、どのようにされるとときめくか」については、「落ち込んでいる時に励ましてくれる」が約4割で最も多数を占めました。

「どのように食事に誘われるとOKするか」という質問では、「残業をしている時などにふいに誘われる」との回答が23.8%と最も高く、「なんとなく食事に行きたい時に誘われる」(18.7%)、「大勢での食事に誘われる」(17.9%)が続きました。



女性の4人にひとりは、残業時には誰かと食事にでもという気持ちになるのでしょうか? あるいは残業が多くて、そこから脱出したいという気持ちもあるのかもしれません。

引用元(画像も):ニュースリリース 春は新しい出会いの季節!!働く20代女性1,342名に聞いた「社内恋愛に関する調査」結果発表
読みもの&流行りもの: 2016年03月30日更新

メルマガ登録いただくといち早く更新情報をお伝えします。

メルマガも読む

LINE@はじめました!

友だち追加
このページを気に入ったらいいね!しよう
はたらく私のコンパス《170種類の職業体験》 

あわせて読みたい

【仕事旅行社の転職サポート】
まずは職場を体験。じっくり"天職"見つけたいなら「おためし転職」へ

<19年秋冬の新ゼミ生>募集中!2019年10月~12月入会の方が対象になります!

仕事旅行ゼミ

Follow Me!


PAGE TOP